亀岡新丸太町線の歴史的背景

 京都市中心部と亀岡市・南丹市を含む京都丹波・京丹後に直結する基幹道路、トンネルで抜いて直線6km、時速60kmの速度で6分で到達します。亀岡の京都縦貫道の千代川インターにつなげば、例え長くても8km、時間にして10分以内で京都中心部、御所に到達できる「亀岡新丸太町線構想」は、決して私の突発の思いつき、俄にわか仕立てで提言しているものではありません。馬や徒歩で行動する時代において、過去の天下取りの戦いくさの歴史の中で先人たちが、因幡いなば・但馬たじま・美作みまさか・備後びんご・丹波たんばの国々(旧山陰道)から、京の都に最短距離で辿り着く究極の道を示してくれています。その証あかしとなる主な例を二・三挙げて見ますと、

 

○南北朝時代に示された亀岡から都への最短距離の道

一つは古く南北朝時代に遡りますが、明徳2年(1391)今から約622年前に強大な勢力を誇る山名氏清・満幸らの山名氏が室町幕府足利義満の挑発に乗って反乱を起こしたのが「明徳(めいとく)の乱」であります。山名軍の氏清(うじきよ)勢3000騎は堺から淀を経て幕府軍の拠点内野(平安京の大内裏)(御所)攻めと併せて、山名満幸(みつゆき)勢2000騎は丹波から内野(北御所)同時攻めの戦略で幕府倒幕を図るが、氏清勢は途中、河内守護代 遊佐国長らに阻まれたりして出遅れバラバラの攻撃態勢で内野に攻め入ったため大内義弘らの軍勢に緒戦に敗退した。一方、山名満幸勢は丹波から今の明智超えのル-トを辿り桂川の浅瀬を探すに多少時間はかかるが御所攻めを図るも幕府方細川頼之、畠山基国らの圧倒的な幕府の軍勢に敗退して同じルートで丹波に逃げ伸びた。この丹波ルートは戦国時代からも御所につながる最短ルートで丹波は都の搦(からめ)め手として都人から恐れられていたことが記述されています。山名氏も氏清・満幸両軍が一斉に攻撃できていたなら室町幕府も15代150年間も続いていなかったかも知れない明暗を分ける「明徳の乱」でした。

 

○明智光秀も本能寺攻めに使った最短距離の道

 織田信長に謀反の本能寺攻めを起こした明智光秀は、老いの坂、唐櫃(からと)超え(亀岡市篠町王子から嵯峨西芳寺(苔寺)に通じる道)、明智超えの三方攻めの一つ、明智超えは光秀の居城、丹波亀山城(亀岡)から保津・水尾を経て都に通じるルート、恐らく足利尊氏兄弟喧嘩とも言われている「観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)(正平5年(1350から勃発))」では、山陰道の盟主、山名時氏は足利尊(たか)氏(うじ)(北朝方)の弟、足利直義(ただよし)に加担して南朝方についており、この道は熟知している。明徳の乱でも山名満幸が利用した道と同じルートと考えられ、途中まで光秀ゆかりの愛宕詣での道ともう一つの領地であった近江の国坂本城への行き帰りにもこの明智超えを利用していたと伝えられており、古来からの都への幹線ルートの実証された道が私の言う「亀岡新丸太町線」です。

 

 私はこの構想の実現に30年かかっても良いと思っています。私たちはもういなかもわかりませんが、次代の未来のために、亀岡・京都市内双方からの避難路の確保、災害支援や復旧は双方どこからでも受けられる災害に強い京都に変わります。舞鶴港が日本の拠点港に指定されました。今後国によって港湾整備が進められたら日本海経由で世界から舞鶴港を通じて物流の経路が変わります。そうなれば京都縦貫道を利用して物資の輸送路の確保ができ、京都府下全域がバランスの取れる経済に強い京都が実現します。行政区が身近になることにより、子供から高齢者に対する福祉に強い京都が出来上がります。2012年7月15日の時間当たり100ミリ近い集中豪雨で、幹線道路が1箇所に集中している老いの坂峠の弱さが露呈し、交通が遮断され、9号線、京都縦貫道が4時間にわたって完全ストップしました。日常的な国道9号線の交通渋滞の緩和にも、老いの坂以外のWルートの実現により、安定した日常生活とあらゆる交通手段が選択できる観光資源に強い京都が生まれます。孫子の次代のために、テロや大事故にも強い京都、府民生活に豊かさを実感できる京都、これら実現のために、今ぜひ必要な特効薬はこれ以外にありません。歴史から学ぶ先人が切り拓いた「亀岡新丸太町線復活」を実現させること。これ以外に具体策があれば教えてほしいと思います。京都市と亀岡市、南丹、京丹波、京丹後市等々、京都南部地域も含めて、力を合わせてみんなで押し進めようではありませんか。そして「他を損じて己の益に非ず」慶長11年(1606)に保津川開削によって丹波の物資用材を舟運により流通革命を起こして京の都の発展を支え、また引き続き高瀬川開削により大阪までの舟運を拓いた京の三大豪商の一人、角倉(すみのくら)了以(りょうい)翁は、自分たちだけが良ければ良いという考えは商売だけでなく社会においても成り立たない。みんなが潤ってこそ社会は成り立つものだ。この精神を以(も)って了(りょう)とするとして、了以という自らの名前にその精神を刻み込んだものであります。未来の京都・亀岡のまちづくりを構築する上においても、この精神が是非とも必要であります。平成の角倉了以は果たして誰か。私はみんなの力で夢のある構想の実現を成し遂げたいと考えています。

歴史から学んで夢のある未来へつなごう。  西口すみお(純生)

 

広告
| コメントをどうぞ

西口すみおの亀岡新丸太町線新設構想

平成24年7月15日、早朝より未曾有の集中豪雨があって、京都府下で1時間当たり100ミリを越す豪雨となりました。亀岡市においても東西別院町から篠町、京都市内北部に向け帯状に降った雨は各地に大きな被害を被りました。亀岡市も復旧に1億数千万円の補正予算を組むなどの被害があり、この集中豪雨によって老い坂は、国道9号線、京都縦貫道が交通遮断され4時間にわたってマヒ状態となりました。国道9号線も縦貫道も亀岡市内は身動き取れない状況となりました。また京都市内も五条通り、西大路通りも渋滞したのであります。老いの坂は交通の要衝の地であることが実証されたのでありいます。また、この平成25年4月には、大山崎インターから沓掛までの第2外環状線が開通し、五条通りの千代原口迂回路の地下道も完成し、京都亀岡間の交通の要衝である老いの坂はより一層集中的重要な交通アクセスとして担うわけであります。もし京都市内や亀岡市内において、大災害が発生した時はこのような状況では何の手立てもできないことは今回の集中豪雨だけでも明白であります。

○災害から学ぶ亀岡のまちづくり

今回の集中豪雨という災害で思い知らされた京都市内へのWル―トの基盤整備、亀岡新丸太町線を亀岡市まちづくりのマスタープランに繰り入れるべきと考えています。私は7年ほど前にも亀岡市議会の質問でこれを提案しました。大災害発生時に救援、復旧に必要なル―トであります。老いの坂が遮断されても、川東千歳辺りからトンネルで新丸太町まで直線6km、時速60kmで走行すれば6分で到達、京都中心部に10分程度の距離でつながり京都市内同然となります。京都縦貫道の千代川ICにつなげば、京都市民も日本海、丹後地方へも1時間でつながり利便性が一気に図られます。この道は先人の明智光秀たちが示してくれた都への最短距離、明智越えの復活であります。また舞鶴港が日本拠点港に指定され港湾整備が図られると一気に日本海海運流通が発達し、東南アジアをはじめとする世界各国から物流機能が舞鶴に集中します。平成26年度全線開通する京都縦貫道を利用して亀岡はもちろんのこと、南丹市、京丹波町、京都市内まで経済の活性化は高まり大きく発展することになり、亀岡市の人口過疎化の解消、観光振興、様々な問題の解決につながり京都府下全体がバランスのとれた均衡発展ができると信じています。孫やその子供たちの次代のために、私たちはもう生きていないかもわかりませんが、30年かかってもいいではありませんか。ぜひ、この気運を亀岡から高めて行こうではありませんか。今、声を挙げる時であると思っています。大規模スポ―ツ施設も亀岡駅北に決定しました。宇津根橋の架け替えも促進できるでしょうし、宇津根橋から国道9号線までつながっている道も京都縦貫道につなぐようマスタープランに入りました。そしてさらに阪神経済圏への国道423号線の法貴坂バイパスがほ場整備で確保され計画の目処が立ち、これも完成し、北陸新幹線の小浜ルートで京都西駅(亀岡市内)の誘致が決まれば、亀岡市の夢ビジョンが大きく実現の可能性が増し明るい展望が見えてくる夢のまちづくりが達成できます。ぜひ市民の皆さんとともに大きく前進させたい事業であると確信しています。

カテゴリー: 政策 | 1件のコメント

人と自然の共生

この大規模スポーツ施設の誘致予定地駅北には、天然記念物のアユモドキが棲息している。JR嵯峨野線も一昨年3月14日に複線化され、京都駅から亀岡駅まで快速20分、二条駅から15分で亀岡に到着する。この利便性から見て以前から駅北区画整理事業が組合施工で計画が立てられ、一部埋立が始まっている。

こうした環境の中には、アユモドキの専門家である京都大学岩田准教授との出会いがあって地元の協力要請があった。最初にお出会いした時に、岩田先生は人と自然の共生の中でアユモドキを保全していきたい。以前に東京方面で地元の協力なしで保全活動したが失敗に終わった。地元の協力なくしてアユモドキの保全はあり得ないとの意向を示され、それならと私も保全協議会の一員となって自治会の協力を仰ぎ見回り隊も結成し警察の協力の下、保全活動に協力してきた。

それでも密猟者が絶えず通報システムを整備して、保津川本流合流口から上流300mを保津川漁業組合の協力を得て禁漁区に指定してつり竿1本出すだけで警察通報が可能となり、密猟者の姿は激減したが、まだ時々モンドリを橋の上から降ろして密漁する者がいる。専門の見回り役、土地改良区の見回り、周辺農地地権者の注意喚起、などの地元保津町の協力によって保全に万全を期している。

アユモドキは田植えした田や水路で産卵し成長し落水と同時に本流河川へと出て行く習性があると聞いている、しかし、農業の担い手不足により、遊休、荒廃放棄地が増えつつあり、亀岡市内の遊休、放棄地が21年度調べで76.21町歩あり、その中で原野となってしまったものが48.5町歩に及んでいる。

この駅北にも担い手不足が忍び寄ってきていることは事実、農業は高齢化して自分が元気な間はできるが、また機械がつぶれたら誰かに預けようと考えている人が多いのが実情、もしもこの地域の中で放置田となってしまったら、たちまち絶滅の危機に陥ってしまう。岩田先生もそこを心配しておられ、早く保全できる聖域を作ってほしいという。だからこそ公共事業で借り上げて耕作地として手を加えアユモドキを守ろうという戦略である。ご理解賜りたい。今手を打つしか保全の道はないということである。

アユモドキ保全のためにスタジアムを誘致して産卵生育場所を環境保全区域と指定して生態系を守る。これが亀岡市が取り組んでいる大きなコンセプトである。これを全国に発信してモデル地域とする。京都大学准教授の専門家、岩田先生もこれに賛同しておられます。亀岡に来てほしい大規模スポーツ施設、アユモドキを守るために日々祈っています。亀岡は大きく変わる。変えよう大規模スポーツ施設で。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

大規模スポーツ施設の亀岡誘致

平成23年12月11日、京都府がフットボール専用球技場(サッカー・ラグビー・フットボールその他)大規模スポーツ施設の公募締切日であった。亀岡市も12月11日最終日にこれに公募した。京都府山知事は自分の人気の間にこの施設を造りたいとの肝いりで80憶円を越える施設で25000人収容規模で各自治体に公募したものである。身近にこの施設があることによって、世界のトップレベルの選手、試合、技術を見られることは子供たちに未来の夢を育める施設として最高の贈り物であると思っている。

舞鶴市、京丹波町、亀岡市、京都市、城陽市、の5市が応募された。選考委員会で審議され候補地を決定される運びとなっているが、JRの鉄軌道から5分で到達できるのは亀岡市だけで、あとは車両以外に交通アクセスが難しい状況である。京都市はゴミ埋立地、城陽市は採石場跡、京丹波町自然公園、舞鶴市はよくわからいという環境である。

今一番強力なライバルは京都市だと言われている。しかし、交通のアクセスは亀岡市が一番だと思っている。平成24年度には名神の大山崎インターに第二外環がつながり、京都縦貫道は平成26年度に丹後宮津につながる。

亀岡市も、決定すれば、駅北周辺の道路整備をして大形バスが進入できるようにインフラ整備を促進し、上下水道も整備する予定。25000人収容のアクセスは15000人をJR嵯峨野線で、5000人をバス輸送、5000人を乗用車、その駐車場分も予定規模の中に含まれている。

この施設が亀岡市に決定されれば、亀岡市のまちづくりが大きく変貌する。雇用促進につながり飲食、グッズ販売、宿泊、さらに大阪へのアクセス、国道423号線などのインフラ整備が促進され、亀岡経済の活性化に大きな影響を及ぼすことは必至である。何としても施設誘致に全力を入れてオール亀岡の体制で取組みを進めていかなくてはならないと強い決意でいる。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

西口純生のスポーツ感

小さい頃から勉強はきらいでスポーツが大好きでした。その頃は一般的にソフトボールが盛んになってきた頃で、ほとんど毎日小学校のグランドで遊んでいた。町代表で大会にも出場し小学校4年5年6年と有償したこともあった。亀岡中学校では、なぜか陸上部にあこがれて長距離の練習に明け暮れていた。記録的にも選手的にもまったく伸びず、悪いところばかりで、やんちゃが目立つ3年間だったと思います。先生からも見放されて勉強には見向きもせず、いつか走りによって見返してやる。そんな変な意地だけで日々過ごしていたように思えます。

3年の進路を考える時期になって、担任にお前の厚生施設はラグビーや、スポーツをやれば自ずとルールを学ぶ、中でもラグビーをやれば重い反側から軽い反側まで学び、課せられた罰則によってチ―ムの勝敗に影響する。いかにチームワークが大切かが問われるスポーツで、それを学ぶことによって社会のルールを学べる。ラグビーが嫌なら何でもよいからスポーツをやれ。こう言って進めてくれたのが私のたった一人の恩師だった。

3年間ラグビーに没頭してラグビーに明け暮れていた。決してうまくはなかったが、大きな選手を見るとなぜかタックル一発で倒してやる、と不思議な闘志がメラメラ沸きあがってきたことを思い出す。キャプテンになってからも、俺が行くからついて来い。こんなスタイルで突っ走っていたのでキャプテンシーはかけらもなかっただろうと反省している。

社会人になってからも30歳過ぎまでクラブチ―ムでやってこられたことは自分の人生で意義あるものだったと感じている。己を犠牲にしてボ―ルを活かせ、一人はみんなのために、みんなは一人のために、こんな古いラガ―メンスピリットを誇りに感じていた時代が懐かしい。幸いに今もなお亀岡市ラグビーフットボール協会の顧問として携わっている。

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

亀岡市の放射能線量

若狭湾周辺に15基に及ぶ原子力発電及び関連施設から亀岡市は60kmの位置にあり、原発事故の際、市民の心配の種となっています。大陸からの季節風や気候、気圧の状況によって大きく影響される放射能汚染は深刻に受け止めています。原発周辺で何か事故が起った時の対応も含めて今後監視強化体制を図っていく必要があると考えています。

平成23年度に放射能線量測定器を2台購入し、現状では見比べる基準数値が資料としてありません。そこで早速、私はこの測定器を3日間借受け、何も事故が起こっていない現状の調査をいたしました。単位はマイクロシ―ベルト(msv)、注意書きとして、器具は雨に濡れないようにビニ―ルを外さないこと、自然石、岩は自然含有量の数値が高いので避ける、レントゲン検査後の人も数値が高いので参考にならない。これらを認識する中で亀岡市域を測定しました。結果は次の通りです。

調査日、平成24年1月21日(土)午前10時30分から午後4時40分まで
天候、曇り、気温13℃から15℃、計測高さ、子供の目線、地表から90cmの高さ、
計測人、西口純生1名、借入れ先、亀岡市防災課(6階)、費用は無料

1.保津町自治会前 0.054~0.068   2.千歳町自治会前 0.046~0.062
3.旭町自治会前  0.044~0.066   4.馬路町自治会前 0.045~0.067
5.河原林町自治会 0.053~0.068   6.JR亀岡駅北口 0.052~0.071
7.ニチコン前   0.047~0.063   8.篠町自治会前  0.049~0.061
9.篠町森区公民館 0.047~0.060   10.南つつじ桧谷  0.047~0.062
11.西つつじ自治会 0.052~0.073   12.鍬山神社鳥居前 0.049~0.071
13.JR並河駅前  0.043~0.061   14.JR千代川駅前  0.045~0.060
15.曽我部小前   0.046~0.066   15.亀岡運動公園前 0.047~0.064
16.稗田野神社   0.047~0.068   17.湯の花温泉   0.049~0.069
18.本梅小前    0.045~0.062   19.東別院町公民館 0.044~0.065
20.西別院町公民館0.051~0.064   22.畑野町自治会  0.048~0.067

計測数値は以上の通りでしたが、数値が範囲内を目まぐるしく変動する中での測定であり、多少の違いはあるとしても、亀岡市内は0.04~0.06で平均的に0.050の数値で安全基準の数値からはるかに下回っている数値でした。今後、参考にしていただければと思います。

カテゴリー: 報告 | コメントをどうぞ

西口純生と改革かめおか

平成23年1月23日執行の第15期 亀岡市議会議員選挙で選ばれた議員26名、その中で新人議員6名、元職返り咲きが1名の計7名が加わり2月5日、15期がスタ―トしました。早速、会派構成が発表され、わが会派改革かめおかに10名の同志が集うことになり、明田明幹事長選出のもと、会派の名称について話し合い、1人2案を提案して、最も多く示されたのが改革という名の表現の名称が多数を占められたので、シンプルに改革を頭に、亀岡をわかり易くかめおかとして付加、「改革かめおか」が誕生したのであります。若くて個性溢れる新人議員4人も参加していただき一段と若返り、行動する議員集団、を看板に掲げ、亀岡市議会基本条例を平成23年9月議会で制定し、その目的にあるようにまちづくりの推進と市民福祉の向上に寄与することを明記しています。

昨年の3.11東日本大震災以後、亀岡市の防災についても、放射能汚染に対する調査地、ポストリングについて、関西電力への安全対策の公開、若狭湾原発周辺の地震、津波の歴史的調査等、会派で議論を深め、議会で市長部局に質しました。亀岡市も放射能測定器を2器購入し市民に2月から貸し出されています。

また同志、中村正孝議員、眞継進吾議員は平成23年5月16・17・18日、宮城県旦理(わたり)町に出向き、民家の床下に入った汚泥を搬出するボランテイア活動を7月16・17・18日の2度にわたり被災地で活動されました。同志として改めて敬意を表したいと思います。まさに行動する集団として模範となる成果を挙げてくれました。

改革かめおかは、亀岡市民が幸せ実感できるための政策提言や条例制定に今後一丸となって努めてまいりたいと思っています。

この2月16日に改革かめおかの2代目幹事長に就任することになりました。重責を感じつつ同志の皆さんとともに、活動してまいりますのでよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 報告 | コメントをどうぞ