全国議長会研究フォーラムを終えて

平成25年7月10日・11日と旭川で行われた全国議長会主催の研究フォーラムに参加しました。

第1日目、基調講演、西尾勝

開かれた議会、討論する議会、行動する議会、を目指す議会基本条例の制定運動を高く評価する。議会改革においては短期・中期・長期の課題を分けて議論することが重要であること。依然として決着のつかない問題として1.市長の先決処分の問題、2.議会嘗亜集権の問題(亀岡市は議長にも召集権が与えられた)3.議員の身分・処遇の問題の3点があげられる。先決処分の問題については、条例及び予算の制定・議決といったもともと立法権に属す事件があるが立法権に属す事件に拡げられるのは議会の立法権の侵害に当たることになる。これを廃止できないのは国会の運営にある。国会への意見書提出して反省を促すべきである。

次に短期の課題・議会招集権について、

今まで市長にだけ招集権が認められていたが、本来の二元代表制にふさわしい姿、市長と対等な立場、並列の関係に改めるべきである。(亀岡市議会は招集権を議長にも付与された)

次に中期の課題として、議員構成の改革

地方議会の議事規則は国会の議事規則に準拠されている。地方議会と国会では制度上の位置付も現実の役割も大きく異なる。市町村議会と都道府県議会と国会とをそれぞれ明確に区別して論じ、それぞれに相応しい制度を再構築するべきである。

改める方策として1.議会の運営方法の見直しと選挙制度の見直しが求められる。まず議会の運営方法の見直しから進めるべきである。

次に長期の課題・個別利益の中間斡旋活動からの脱却

有権者からの陳情要望に応接し役場・役所に仲介斡旋しその解決を図る度量によって評価されるのは日本の政治文化を改めるべき要因のひとつ。中立公正な事務処理を義務付けられている職員の行政行為に対して権力を背景にして横暴な行為であってはならない。市民自らも考え方を変えることが重要である。

第2日目、パネルデイスカッション

コーデイネーター 北海道大学 宮脇淳教授
パネリスト 早稲田大学    片木淳教授
駒沢大学     大山礼子教授
毎日新聞論説委員 人羅格氏
旭川市議会議長  三井幸雄氏

テーマ 住民自治の実現と地方議会の期待

宮脇淳 地方自治と議会改革、

住民自治の進化を通じた議会改革には二つの方向性がある。一つは立法機関の充実を積極手に求めていく流れと議論機能を積極的に高めていく流れである。住民ニーズを法律等に積極的に組み上げていく機能と後者の議会の立法自体ではなく議会を通じて様々な議論を有権者の前で展開し、政治としての争点を明確にすることで次の政権を確保に向けた場を議会と位置付けるものです。地方議会の改革はまず議論の場として形成することが大事ある。議論のあり方について自らの仮説や考えを提示することに加えそれを支える資料等提示して相手からの検証を積極的に受けて、さらに自らの考えを再構築することを意味する。自らが持っている思い込みや偏見認識し、是正することでより良い質の仮説とそれに基づく結論に双方の努力で結びつけていくことが大事である。市長に質問しその回答を受けるだけでは議論になっておらず、次の地域を誰にまたはいかなる考えに委ねるかを住民が知ることも難しくなる。地方議会の立法機能の充実を高めることが最終目標である。その他公共政策とは何か、構造的対立、世論と輿論について、の説明があった。

広告

nishiguchihozu について

亀岡市議会議員
カテゴリー: 報告 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中