亀岡新丸太町線計画図製作(案)

亀岡新丸太町線○亀岡新丸太町線 (1案)

新丸太町線から鳥居本まで拡幅整備されているので、鳥居本辺りから

京都縦貫道千代川ICに向けての経路には千歳町北舎の宮前千歳線に接続する案。距離は直線で8km。途中、柚子(ゆず)の里水尾、JR保津峡駅にも接続。

○亀岡新丸太町線 (2案)

新丸太町通西端辺りから亀岡市保津町観音寺の宇津根橋大年線に接続する案。途中、JR保津峡駅、水尾に接続する経路で、京都縦貫道、亀岡IC・大井IC・千代川ICの何れも接続可能。距離は直線で8km。途中、柚子(ゆず)の里水尾、JR保津峡駅にも接続。

☆     考えられるメリット20

1) 双方の災害発生時に避難、支援、復旧に即時対応の効果大。

2) 老いの坂峠に集中している幹線道路だけのライフラインでは双方の市民の不安が解消できる。

3) 京都市、亀岡以北、双方の経済の活性化につながり、バランスの取れた経済発展が図られること効果大。

4) 舞鶴港が日本の拠点港となったので、縦貫道を利用して物資の輸送経路が舞鶴港からの海上からの流通が増大し、京都市内への流通は亀岡新丸太町線から入京が近道。

5) 老いの坂(国道9号線・京都縦貫道)、JR山陰線、保津川に事故あった際に、行政対応含め効果絶大。

6) 緊急車両(救急・消防・警察・自衛隊)の広域的救援活動に効果大。特に山間地、柚子の里水尾、保津峡谷内の事故への救難、緊急車両の到着時間短縮を図る効果大。(保津川左岸沿いに府道、嵯峨亀岡線あるが、常に土砂崩れで通行止め)

7) テロや事故に対応できる強い京都市内・亀岡以北のまちづくりに効果大。

8) 京都市内、亀岡市内・以北、双方への通勤・通学時間の短縮。利便性にも快適な就業選択ができること効果大。

9) 京都市内、亀岡市内の基幹道路の交通渋滞緩和に効果大。

10) 京都縦貫道の利用度が拡大し、京都北部と京都中心部への物流にも効果大。

11)新鮮な丹波、亀岡産の農産物を京都市民に提供できる食の新幹線。

12)人的交流も一段と活発化できるようになり、伝統文化を育み郷土愛に培われる交流がはかられること効果大。

13) 観光資源の豊富な京都は日本一、保津川下り、湯の花温泉、柚子の里水尾、清滝、高雄、丹後方面への観光客の誘客にも効果大。

14)             トンネル工事による愛宕山系の水脈を活用し、安全、低廉、豊富でおいしい水の提供を受けられ、京都市民にとって豊かな暮らしが守れる効果大。

15)京都市民にとっても、京丹後、日本海への時間短縮が図られ、行動範囲が広がり家庭サービスで家族の絆の強化が図られる。

16) 京の奥座敷、八瀬、貴船、清滝、高雄、水尾、湯の花温泉がより近い道に。

17)学業に期待大きく広がり、子供たちに夢のある人生プランが約束できる。京都は学術のまち、通学には安心して、幅広い学科の選択肢も広がり、経済的な教育効果大。

18)利便性が一段と増し、京都市内が身近になることで、高齢者に生きがいや介護施設・医療施設の選択肢が広がり、安らぎと安心して暮らせるライフラインの充実が図れること必至。

19)亀岡市においては、居住人口が増し、過疎化問題解消と少子化・人口減少に歯止めがかけられるその効果顕著。

20)世界に誇れる歴史と伝統文化を育む日本の心のふるさと京都の素晴らしさを共有できる喜び大。

★この道の構想は、8年前から提案してきたもので、その発想の原点は、先人たちが歩んできた歴史的背景の中に示された道であること。観応2年(1351)観応の擾乱(じょうらん)で足利尊氏の弟、足利直義軍らの行軍や明徳2年(1391)明徳の乱で絶大な勢力を誇っていた明徳2年(1391)山名氏清・満幸軍の三方都攻めの一つでもあり、天正10年(1582)明智光秀の本能寺三方攻めの一つ明智超えがその証。先人たちが丹波から都への最短距離(直線で二里、道なり三里半の文書記載あり)を示した道である。実現のためには、膨大な経費が必要となりますが、国策として、その道を復活させることにより孫子の次代の明るい未来のために30年かかってでも成し遂げなければならない夢の構想であると考える。2012年7月15日の集中豪雨により4時間にわたって老いの坂が遮断、京都市内、亀岡市内のライヒラインが大渋滞、災害を以って思い知らされました。様々な問題解決に、これといった具体的な政策が示されない現状において、私は、唯一具体策として、「亀岡新丸太町線」復活を、諸課題の特効薬になると信じて、この構想をお示しさせていただきました。今からオール京都でその声を挙げようではありませんか。

広告

nishiguchihozu について

亀岡市議会議員
カテゴリー: 政策 パーマリンク

亀岡新丸太町線計画図製作(案) への1件のフィードバック

  1. 内藤良太 より:

    西口先生の考え拝見した。南丹市在住のものです。西口先生の御考えに賛成です。
    以前亀岡市長あての一般の方の質問に、亀岡の渋滞について何とかしてほしいとの返答をあるサイトでみて絶句しました。市長は交差点で右折で車の流れを妨げない、右折レーンがないとこが、あるので右折レーンを設置していきたいと書いていました。たしかにいっていることはあっています。しかしあの交通量では、小手先でしかないので、もっと抜本的な解決をしろとおもいました。亀岡はうつね橋などやつつじがおかのみちや旧道がありますが、どれも老ノ坂で、合流しますし京都へぬける道とはいっても山道など、とにかく道が少ないとおもいます。書かれたように9号、縦貫が封鎖されたら、老ノ坂へいって通行どめにそこで気づき後続がいるので、そこで身動き4時間も出来ないことも、先日の台風で実証済みです。亀岡のスタジアムができるのなら是非この案を実現するべきです。だれかも亀岡は高速つくったきり9号はほったらかしといってました。
    ですので是非この案、実現頑張ってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中