西口純生と改革かめおか

平成23年1月23日執行の第15期 亀岡市議会議員選挙で選ばれた議員26名、その中で新人議員6名、元職返り咲きが1名の計7名が加わり2月5日、15期がスタ―トしました。早速、会派構成が発表され、わが会派改革かめおかに10名の同志が集うことになり、明田明幹事長選出のもと、会派の名称について話し合い、1人2案を提案して、最も多く示されたのが改革という名の表現の名称が多数を占められたので、シンプルに改革を頭に、亀岡をわかり易くかめおかとして付加、「改革かめおか」が誕生したのであります。若くて個性溢れる新人議員4人も参加していただき一段と若返り、行動する議員集団、を看板に掲げ、亀岡市議会基本条例を平成23年9月議会で制定し、その目的にあるようにまちづくりの推進と市民福祉の向上に寄与することを明記しています。

昨年の3.11東日本大震災以後、亀岡市の防災についても、放射能汚染に対する調査地、ポストリングについて、関西電力への安全対策の公開、若狭湾原発周辺の地震、津波の歴史的調査等、会派で議論を深め、議会で市長部局に質しました。亀岡市も放射能測定器を2器購入し市民に2月から貸し出されています。

また同志、中村正孝議員、眞継進吾議員は平成23年5月16・17・18日、宮城県旦理(わたり)町に出向き、民家の床下に入った汚泥を搬出するボランテイア活動を7月16・17・18日の2度にわたり被災地で活動されました。同志として改めて敬意を表したいと思います。まさに行動する集団として模範となる成果を挙げてくれました。

改革かめおかは、亀岡市民が幸せ実感できるための政策提言や条例制定に今後一丸となって努めてまいりたいと思っています。

この2月16日に改革かめおかの2代目幹事長に就任することになりました。重責を感じつつ同志の皆さんとともに、活動してまいりますのでよろしくお願いいたします。

広告

nishiguchihozu について

亀岡市議会議員
カテゴリー: 報告 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中